梨狩り

パソコンクラブ・メンバーを中心としてバスをチャーターした恒例の梨狩りです。
広島から休憩しながら約1.5時間、三次市作木町(旧 双三郡作木村)の観光農園に到着です。

立木契約され、たわわに実った「二十世紀梨」も参加者20名の手に掛かれば、あっと
いう間に収穫を終えます。

収穫後は木の下にビニールシートを敷き、美味しい弁当ともぎたての梨です。

その後三次市の中心部、三次町の「頼杏坪(らいきょうへい)役宅」を見学。
頼山陽(らいさんよう)の叔父にあたる頼杏坪が三次町奉行をして使っていた茅葺きの建物が
県史跡として、保存されています。

頼杏坪

三次市で終戦を迎えた「辻村寿三郎人形館」で、「大日如来と空海」も見学しました。。

そして人通りの途絶えた「みよし本通り商店街」をゆっくり散策。

三次のうだつ

「うだつの町並み」は当時の繁栄を物語っています。

お別れの会

約40年間勤めた企業の、創業家の長老のお別れ会(会社主催)が広島市内の
ホテルで営まれ列席しました。
蓮の花
享年93歳で7月に逝去され、社業の発展に尽くされた人であり、得意先・
メーカー・国内外の社員などで数百人規模のお別れ会となりました。

また、我々OBグループも東京から九州在住者まで列席しました。

OBグループとは昨年のOB会以来1年ぶりに再会ですが、現役社員幹部とは
9年(退職後)振りに声をかけたり、かけられたりで懐かしくそして後輩の
成長ぶりを頼もしく思いました。

驚いたことは、OB・現役社員とも、我がHP「素浪らいふ」をよく見てくれて
いることです。

張り合いがあります。

海賊ツアー

瀬戸内海汽船による「能島潮流体験と村上水軍ゆかりの史跡めぐり」にクラブの仲間で参加
しました。

全員がカメラをぶら下げての船旅です。

広島港(プリンスホテル桟橋)を出発し、呉港に寄港し高速船は来島に向かい、ボランティア
ガイドさんの案内で城跡・歴史散策など。

昼食は「鯛めし御膳」、この地で育った美味しい鯛です。

そして宮窪漁港から観潮船に乗り換えて潮流体験です。

渦巻き・渓谷の急流のように激しく流れる潮流を体験しました。

潮流体験

このような環境を利用し村上水軍は、瀬戸内海の広い海域を支配する事になったのでしょう。

高速船の2階デッキは心地よい風が吹きプリンスホテル到着時は夜の帳も下りていました。

夜の帳

西国街道ウォークラリー

瀬野川公園いきいき健康フェスティバルのプログラムの一つとして、瀬野川公園
(広島市安芸区)の管理センターをスタート・ゴール地点として約7.8キロの
ウォークラリーに参加しました。

彼岸入りし、初秋~中秋でしょうか。
広島地方は、朝から秋晴れでウォーキング日和というか、少々暑さを感じました。

スタート地点から坂を下り、そしてほぼ平坦な西国街道を西へ約3キロ位歩く。
西国街道から別れ、曲がりくねった急坂をゴール地点へ・・たどり着く。

瀬野の豊かな自然にふれながらウォーキング終えました。

瀬野川公園は、広島市内で一番広い公園ということですが、大型遊具やグランド・
コートもあり子供連れの家族も多くみられます。
(こんなに多くの子供たちが遊んでいる姿は久しぶりにお目にかかりました)

サッカーに興じる子供たち

瀬野川公園サッカー


蒸気機関車 D51もあります。(瀬野といえばSLです)

瀬野川公園 D51


狩留家の棚田(車窓より)

狩留家の棚田

心地よい疲労感を味わいながら自宅に到着です。

広島の「ベタ踏み坂」

いつものように朝はスポーツジムに行き、午後 所用のために広島市西区の広島サンプラザに
向かいました。

以前から気になる、広島のベタ踏み坂に迂回してみました。

某自動車メーカーのCMで「ベタ踏み坂として取り上げられ有名になった松江市と鳥取県
境港市を結ぶ「江島大橋」。

この橋に匹敵する急勾配の橋が広島にもあり、新聞・テレビなどで報道されています。

広島市佐伯区と廿日市市を結ぶ広島湾岸に架かる「広島はつかいち大橋」です。

湾内にプレジャーボートの係留施設が2施設( 「五日市プレジャーボートスポット」 及び
「廿日市ボートパーク」)もあり通過する船艇の為にベタ踏み坂(大橋)になっているものと
思われます。

ベタ踏み坂

本家、ベタ踏み坂「江島大橋」の傾斜は6.1%(約3.5度)。

しかし、広島のベタ踏み坂「広島はつかいち大橋」も本家には叶わないものの、
傾斜は6%(3.4度)とほぼ同じ「ベタ踏み度」です。

走行してみると急勾配ですが、ベタ踏みする必要はありません。

最高地点(高さ:約21メートル)からの眺めは良いですよ。

「井原米 作り隊」

米作り隊

今日も、白木街道を通りましたが沿道沿いの安佐北区白木町井原にある井原小学校の全生徒44人
が、米作りに挑戦している田んぼがあります。(昨年の場所より、ちょっと東側)

「すくすく田んぼ」と名付けられた学校近くの田んぼには子供たちが手作りした45本の案山子が、
あぜ道から稲の生長を見守っている。

案山子

5月に田植した稲は間もなく収穫時期となりますが、収穫後には米粉を使った料理を作り地元住民に
振舞う予定らしいです。(いつも利用する近くのコンビニオーナーの話)


飛行場の上空は、巻雲(俗称:すじ雲)・・・ すっかり秋の空です。

すじ雲

勝鯉の森

朝はスポーツジム、そして午後は OB会関係の会議で市街地に向かいます。

早めのバスで広島バスセンターに到着。

日差しは強いが、時間調整の為に原爆ドーム ~ 相生橋 付近を散策です。

広島市中区基町の旧広島市民球場の前に「勝鯉の森(しょうりのもり)」があります。

ここには、「勝鯉の森」碑と「日本選手権シリーズ優勝記念」・「セントラルリーグ優勝記念」・
「世界新記録達成記念 衣笠祥雄顕彰」の碑が建立されています。

IMG_1075a.jpg


カープのリーグ優勝は、1975年・1979年・1980年・1984年・1986年・1991年と 6回。
この内、1979年・1980年・1984年の 3回は、日本一です。

最後の日本一からちょうど 30年、今年は優勝のチャンスは十分にあります。

広島東洋カープ頑張ってほしいですね、期待しています。

競技大会

恒例行事のラジコン飛行機・リボンくぐり競技大会

久しぶりに快晴となった今日は所属するラジコンクラブでイベントが開催され早朝に
自宅を出発しました。

8月は台風も含め土砂災害を引き起こすような悪天候が続き2週間ぶりの飛行場
行きです。

白木街道沿いの田畑には稲がたわわに実り、コンバインによる稲刈りが始まって
います。

今日のイベントでは、ハプニングや事故(機体の破損)も多発したが、初秋の一日を
楽しく過ごした。

早朝からの競技会で昼前には終了し、午後は思いのまま時を過ごした。

豊栄飛行場

真っ赤に日焼けして夕方帰路に就きました。

夏は何処へ

昨夜のテレビ「報道ステーション」に、北広島町にお住いの友人の息子さんが
出演されていました。

ハウスによるトマト栽培をしておられますが、降水量が多く日射量不足により
例年の半分しか実がついていないと残念そうに話をしておられた。

台風の余波もあり、週末は必ず雨が降る、晴れた日が少なく自宅で地味に
過ごす日が続きました。
魚
夏らしき天候は体感する日は少なく9月に突入し、防災の日を迎えました。

広島土砂災害が発生し運休していたJR可部線も、昨日12日ぶりに全面復旧です。

しかしながら、これまでに72人の死亡が確認され、依然として2人の行方が
分かっていません。

現場では、警察と消防、それに自衛隊が重機などを使い夜を徹して捜索を続けています。

今日も空には、数機のヘリコプターが周回しています。
カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

気ままな素浪人

Author:気ままな素浪人
*
趣味は若い頃からパソコン・カメラや旅行等など。

定年退職時から始めた道楽のラジコン模型。

そんな気ままな素浪人のブログ『気まぐれ』です。

最新記事
月別アーカイブ
時計
リンク
QRコード
QR