晦日(みそか)

2016/3/31

すこし、鳴りを潜めていますが、まあまあの暮らしをしています。

毎月、最終日(晦日)は、スポーツジムが休館日です。営業中に出来ない
マシーンや設備の点検整備などを行っているようです。

午前中は外科病院のリハビリ科で、右肩腱板(みぎけんけんばん)損傷の
治療と自主トレで過ごす。

ジムの休館日は体が鈍るので、団地内の散策道や運動公園周辺を桜を
見ながら小一時間のウォーキングで過ごしました。
さくら

それにしても肩と腕がズキズキ痛む。

平日の飛行場

(2016/3/17)

今日の飛行場は平日の為、自動車4台 ⇒ 4人とガラガラの状態です。
天気は良い、しかし風は強し。

飛行機に取り付けた動画写真から静止画として切り取ったもの。
電動飛行機(HOPE-26EP)であり振動による画像のブレは感じない。

飛行場周辺上空を旋回中(翼端に取り付けたカメラ)。
飛行場の上空

滑走路上空(尾翼のカメラ)
滑走路上空

動画を再生してみると空を舞う鳥の気分。
明日は雨か?

似島ウォーク

(2016/3/13)

先輩ОBと広島市南区にある「似島(にのしま)」にウォーキングに出かける。
似島とは瀬戸内海の広島湾に浮かぶ島で広島港から南に約3キロ、フェリーで
約20分の近距離にあります。

広島港(フェリー)から似島の「安芸小富士」(標高278メートル)がよく
見えます。
フェリーより

似島港へ上陸後、島を右回り(時計回り)に 似島港 ⇒ 北西端 ⇒ 北東端 ⇒ 似島学園
⇒ 臨海少年自然の家 ⇒ 似島小学校 ⇒ 似島中学校 ⇒ 似島港へと一周10キロを
ウォーキングしました。

赤いレンガの煙突は検疫所の焼却炉跡、左は似島学園高等部。
検疫所 赤レンガの煙突

似島学園前桟橋
似島港桟橋前

きれいな海水で似島カキ(広島カキ)は養殖されています。
砂浜

今日は、広島港一帯で「広島みなとフェスタ」が開催されており、この似島は、
似島会場として港から徒歩1分の合同庁舎周辺で開催中です。

「港と島を音でつなげ隊」による和太鼓競演
海と島を音でつなげ隊

この会場ではバウムクーヘン作り体験が出来ます。
バウムクーヘン作り

気ままな3人で潮風と一緒に青い海を望み、心身のリフレッシュと自然散策する事が
出来ました。
似島へようこそ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【 おまけ 】

※ 似島名の由来 
広島湾が遠浅で大きな船舶が岸まで入れず、荷継ぎの港として栄え、「荷の島」と
よばれた。後に「富士山に似た山のある島」からきているとして似島の表記が定着
している。

※ 似島について
人口は昨年(2015年)3月末で約900人、世帯数は約550世帯。
島には信号機がなく、バスやタクシーも走っていません。

この島には、今も「似島学園」がある。
原爆により親を亡くした原爆孤児の教育所だったとあります。

悲惨な人生を背負わされた子供たちに勇気を与え、育てたのがこの学園の始まり
でした。
今の似島学園は、養護施設と知的障害者施設が併設され、学園内に広島市立似島学園
小学校・中学校があります。開園以来の保護児童数は3000人を超えるという。

※ バウムクーヘンの話 
第二次世界大戦終了直後まで陸軍の似島検疫所が置かれ併設された捕虜収容所に
収容されていたドイツ人捕虜カール・ユーハイムが、日本初のバウムクーヘンを焼いたと
いうエピソードから、日本におけるバウムクーヘン発祥の地といわれる。

捕虜収容所・検疫所と戦争の歴史と深い繋がりがある遺跡が各所にあります。
今は平和教育の為多くの人が訪れています。私も再認識いたしました。

新顔(Calmato α40)

2016/3/5

啓蟄らしいお天気です。
気温は19℃位まで上がったようです。

ラジコン飛行場も晴れていましたが風が強く、吹き流しは真横に流れています。

昨年11月から手掛けていた機体(Calmato_α40)を飛行場に持ち込みました。

カルマートTR

師匠さんに最終確認と微調整をお願いし、テストフライトです。

予想通りの飛びですが、突風が吹きまくっており、テストフライトは早めに終了。
カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

気ままな素浪人

Author:気ままな素浪人
*
趣味は若い頃からパソコン・カメラや旅行等など。

定年退職時から始めた道楽のラジコン模型。

そんな気ままな素浪人のブログ『気まぐれ』です。

最新記事
月別アーカイブ
時計
リンク
QRコード
QR