ひな祭り

(2017/3/2)

一日早い本日、入院中の病院でひな祭りが開かれ入院患者のうち、30名位が一堂に
集まりました。

ひな祭りを懐かしむ世代の人たちばかりですが。

お雛様

ひな祭り

ケーキ・フルーツそれに白酒をいただきました。
看護師長さんの下、看護スタッフさんが準備してくれたものです。

変化に乏しい入院患者にとり楽しい一時だったのではないでしょうか。

最後は、みんなで「うれしいひなまつり(あかりをつけましょぼんぼりに・・・)」を
歌い、お開きとなりました。

今日も暮れゆく

(2017/2/24)

今の整形外科病院に転院し、ちょうど3週間経過しました。

毎日の機能回復訓練はリハビリ科の理学療法士により行っています。
病院外には療法士同行で歩行機能の強化も進めています。

今回、足・特に「ひざ」の機能および重要性を改めて認識しました。

人(私たち)の体の多くの関節が手足に集中し体の複雑な動きを支えています。
ひざ関節があるから、私たちは立ったり歩いたり走ったりできるのですが・・・。

平地の歩行は、ほぼ無理なく出来るようですが、緩やかな下り傾斜では違和感が
あります。

ひざの機能回復状況は、まだスタートラインに立った位でしょうか。
完治には、まだ月日が必要だと思います。

夕暮れ

今日も病室の窓から見慣れた夕暮れです。

災いから一ヶ月

(2017/2/15)

広島には一ヶ月前の、1/15 冬将軍が猛威をふるい気象台発表のデータによると
33年ぶりの大雪で市街地で19センチの積雪。

郊外の我が家付近では30センチ位に達しました。
日中は少し溶けかけても夜間は、凍結するという日々でした。

大雪積雪の翌々日の朝、自宅前の凍結路面でスッテン・コロリン。

救急車で専門病院に搬送され、即日入院そして翌朝手術とこちらは運が良かったと
いえるでしょう。

右膝の皿が複数に割れ、疾患名は「右膝蓋骨・粉砕骨折(みぎしつがいこつ・
ふんさいこっせつ)」完治まで六ヶ月と大変な怪我であることを認識しました。

手術 翌日の状況
手術 翌日

術後 二日目の夜(装具を外すと)
術後三日目

最近は術式の進化・術後管理に細心の注意が払われ、術後三日目から装具を装着し
歩行のリハビリを始めました。

今では装具もとれ、自宅近くの整形外科病院に転院し松葉杖無しでリハビリの日々。

午前・午後と二回のリハビリの他、自主トレーニングと称して四階の病室から一階の
外来診察室までを、一日に 5~6回くらい階段で一歩ずつ昇降しています。

早く 社会復帰出来るように頑張っています。


とんどまつり

(2017/1/9)

冷たい小雨が降る中、恒例のとんど祭りが開催されました。
降雨のため昨日の予定が本日催行されるものです。

氏神様による祝詞があげられ10時の着火を待ちますが、昨日来の雨で濡れた竹には、
なかなか点きません。

自治連合会単位での開催で、我が連合会は小学校グランドを拝借しています。

2017とんど

冷えた体に振舞われた「しるこ」は美味しかったです。

常用のパソコンは修理のためメーカー送りとなった。
予備パソコンでブログアップとなりました。
(うまい具合にアップ出来るかな ? ⇒ OK)

謹賀新年

(2017/1/1)

穏やかな新年を迎えました。あけましておめでとうございます。
今年も我が家の恒例行事、初詣に家族そろって(妻と二人)出かけた。
青空の下いつもの通り廣島護国神社~饒津神社~鶴羽根神社の三神社を詣でました。
今年もよい年でありますように!

護国神社
護国神社

広島城
広島城

饒津神社
饒津神社

鶴羽根神社
鶴羽根神社
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

気ままな素浪人

Author:気ままな素浪人
*
趣味は若い頃からパソコン・カメラや旅行等など。

定年退職時から始めた道楽のラジコン模型。

そんな気ままな素浪人のブログ『気まぐれ』です。

最新記事
月別アーカイブ
時計
リンク
QRコード
QR